当サイトはゲイのための情報サイトです。

ゲイで悩んでいるあなたへ…LGBT応援ソング5選

LGBTとして生まれると、LGBTにしか分からない特有の悩みが出てきます。

「理解されない」「分かってほしいけど話せない」と、心の中で悩みを抱えてしまって苦しい時もあるかと思います。

そんなときは、今回ご紹介するLGBT応援ソングを聴いてください。

きっとあなたを励まして、力になってくれるはずです。

今回はアーティストがLGBTであるか否かに限らず、胸に刺さるような曲をご紹介していきます。

あなたへ贈る!LGBT応援ソング5選

世界にはたくさんの曲で溢れていて、その中にLGBTを応援する曲も多数存在します。

今回は厳選して5曲紹介していきます。

曲に込められた想いも一緒に見ていきましょう。

「友達の詩」中村中

シンガーソングライター「中村中」の楽曲です。

中村中さん自身もLGBTの「T(トランスジェンダー)」であり、性別適合手術をしたMtF(Male to Female:男性から女性)です。

この曲は中村中さんが15歳のときに周りとの違いに悩み、恋愛に関しては想いを伝えられずに苦しみ続けてきました。

そんな切ない心情を描いたのが「友達の詩

最初の「触れるまでもなく先のことが見えてしまうなんて」という歌詞は

この恋は叶わないことが、始まる前からわかってしまう切なさを表していますね。

特にLGBTの恋愛事情に苦しむ方は多いですからね。

「今はこの悲しさに浸りたい…」というセンチメンタルなときにおすすめです。

This Is MeThe Greatest Showman Cast

ミュージカル映画「グレイテストショーマン」の挿入歌です。

ゴールデングローブ賞を受賞し、なんとアカデミー賞にもノミネートされた曲です。

変わった見た目や特技など、様々なマイノリティが集められたサーカス団のメンバーたちは、上流階級が集まる舞踏会に参加することを許されませんでした。

それに反抗するように、メンバー全員が舞踏会へ乗り込むシーンで流れた曲なのです。

この曲は、そんなマイノリティに引け目を感じている人に勇気を奮い立たせてくれます。

曲名の通り「見た目、階級がどうした!これが私だ!」と自分のマイノリティをアイデンティティとして認める決意に溢れた曲です。

この曲を歌うシンガーである「キアラ・セトル」の力強く前へ突き進むような歌声も魅力的で、悩むあなたの背中を押してくれます。

映画のストーリーも踏まえて聴くとより感動するので、気になる方はぜひ「グレイテストショーマン」も見てください。

「ピー・エス・エス」やる気あり美

世の中とLGBTのグッとくる接点をもっと」をコンセプトにして活動しているクリエイティブチームです。

やる気あり美は個人名ではなくチーム名であり、そこに属するアーティストの太田さんとみしぇうさんが作詞作曲をした曲です。

「同性パートナーシップ制度」が初めて施行されて2周年を迎えた記念をお祝いする曲であり、とにかくハッピーな気持ちにさせてくれます。

ちなみに、2020年7月1日で同性パートナーシップ制度を結んだ同性カップルが1000組を超えたそうです。

他にも「確信」という恋する10代LGBTへ向けた曲も出しているので、そちらもぜひご視聴ください。

井上涼さんの優しさが溢れる素敵な曲です。

Family Song」星野源

逃げ恥の主題歌でも有名な「恋」を作ったアーティストである星野源のシングル曲です。

ドラマ「過保護のカホコ」の主題歌であり、星野源自身が女装で出演しているサザエさんを思わせるMVが特徴的で、一気に注目を浴びました。

星野源さん自身がこの曲をリリースしてMステに出演した際に

「同性同士の家族も増えてくると思うんです、友達や仕事仲間も広い意味でこれからの時代のファミリーなんです」と発言していました。

そのような、これからの新たな家族の概念をこの曲に込めたそうです。

星野源さんのような有名アーティストが堂々とセクシャルの多様性を言葉にしてくれることで、多くの国民に希望を与えました。

当時もTwitterで「よくぞ言ってくれた!」と大反響のでした。

寄り添ってくれるような暖かい曲なので、LGBT関係なくこの曲は辛い時に聴いて欲しいです。

後、星野源さんの女装にも注目です笑

「軒下のモンスター」槇原敬之

槇原敬之さん自身も同性愛者のゲイであり、軒下のモンスターはセクシャルのカミングアウトソングとも言われています。

「周りと自分は違うんだ」と苦しみ続けた葛藤がこの曲に表れています。

周りに打ち明けられずたった一人で苦しみを抱えているLGBTは少なくありません。

そんなLGBTに寄り添い、怒りや悲しみを代弁してくれるような応援ソングです。

曲調も様々な感情が表現された迫真の曲なので、ぜひその魂の叫びを曲を通して感じてほしいです。

世界中の曲が僕らLGBTを支えてくれる

きっと理解者が周りにいなくて悩むこともあるでしょう。

そんなときは、今回紹介したような応援ソングを聴いてください。

たとえ理解者が近くにいなくても、いろんな人が創り上げた曲が僕らを応援してくれます

この記事で紹介されていないLGBT応援ソングも素敵な曲ばかりです。

ぜひ検索して聴いてみてくださいね。