当サイトはゲイのための情報サイトです。

光音座に行ってみた ゲイ映画が見られる映画館【体験談】

ゲイ特有の出会いの場であるハッテン場は、公共施設内の人気のないところや専用のホテルなど色んな場所があります。

その中でも、ゲイポルノ映画が見られる「光音座」という横浜にある映画館があります。

今回は僕が実際に行った「光音座」の体験談をお話します!

光音座とは?

横浜市の野毛町にあるアダルト映画を上映している映画館です。

1989年にオープンして以来営業を続け、31年の長い歴史があります。

入口にある「光音座」という大きな看板が目印です。

入口が2つあり、左入口がゲイポルノ映画で、右入り口が成人用ピンク映画と分けられています。

券売機で入場チケットを購入して受付の人に渡したら、退場しない限りポルノ映画が見放題になります。

アクセス

京急線の日ノ出町駅から徒歩2分、JR桜木町駅から徒歩8分という好立地です。

横浜光音座と書いてある建物なのですぐにわかると思います。

入場料金

入場料金は、一般料金は1580円で、会員料金と学生料金が1160円です。

会員証は受付で申し込めば、次回から会員料金にしてくれます。

学生さんは学生証を持っていけば、学生料金にしてくれます。

営業時間

2021年7月6日現在、営業時間は全日10:45~21:00です。

金・土曜日のオールナイト営業は休止しています。

上映予定は公式ツイッターや公式ブログをご覧ください。

公式ツイッター:https://twitter.com/kouonza1

公式ブログ:http://yokohamakouonza.blog.fc2.com/

コロナ対策

コロナの影響で営業を自粛していたようですが、営業を再開しています。

コロナ対策として座席制限や換気と消毒を行ったり、お客さんにも検温やマスク着用、入場時の消毒をお願いしたりしています。

実際に光音座に行ってみた

横浜へ旅行に行ったとき、夜に時間を持て余していたときにネットでお店を調べていたら光音座が近くにあることを知りました。

公式サイトで上映中のゲイポルノ映画情報が記載されていて、中々普段見られなさそうな内容だったので興味が湧き、足を運びました。

その時はハッテン場だと知らなくて、ゲイポルノ映画が楽しみでウキウキしながら向かっていました(笑)

マップを見ながら歩いていくと、光音座が見えてきました。

他のハッテン場とは違い、人が歩いている道沿いにお店があり「ゲイムービー2本立て!」と堂々と書かれていて驚きました(笑)

周りに人がいないことを確認して、ゲイポルノ映画が鑑賞できる左入口から入店しました。

お客さんは全体的に年齢層が高めのおじさんが多かったです。

チケットを買って受付の人に渡して入店しましたが、ちょうど休憩時間だったようで10分ほど暇つぶしで館内を回ることにしました。

アプローチをかけられて…

上映までまだ時間があったので、ひとまずトイレへ行き用を足すことにしました。

小便をしていたら、太ったおじさんがトイレに入ってきて何やらウロウロと歩いていました。

そしたら、僕を覗き込むように見てきて「触っていい?」と話しかけてきたのです

驚いてしまって、そそくさとトイレから逃げるように出て行きました(笑)

僕はやっとこのタイミングで「ここはハッテン場なんだ」と気づいたのです。

唯一ソファーのある控室でひとまず座っていたら、パンツ一丁のおじさんが向かいに座ってきました。

そして僕を見ながら目の前で股間を触りはじめて、明らかに僕を誘惑していました。

「どうやって逃げよう…」と考えていたら映画上映の時間になり、上映が始まる館内にすぐ移動しました。

映画上映時間になって…

館内はいたって普通の映画館で、何十列か座席が並んでいました。

上映が始まったので僕は席に座ったのですが、何人か後ろで立ち見をしていました。

映画に見入っていると、急に僕の隣に誰かが座ってきました。

よく見ると後ろで立ち見していた人でした。

あれは好みの相手を見るためにわざわざ立っていたようですね。

そっと太ももを触ってきたのですが、今日は映画を観たかったのでお断りをして席を外してもらいました。

やっと映画に集中できると思ったら、何やら前の座席付近で2人組の男がゴソゴソしていました。

よく見ると、性行為を始めていました。

結局映画に集中出来なくて途中退場したのですが、映画館で性行為が行われている光景が少し異色で面白かったです(笑)

ハッテン場なので普通のことなんですけどね。

まとめ

てっきり普通のポルノ映画館だと思っていたので、ハッテン場になっているとは知らず焦ってしまいました(笑)

映画自体はアダルト寄りではありますがストーリーがあるため、十分に楽しめました

ですが、アプローチしてくるゲイが多いので落ち着いて映画は見られないかもしれないです。

どうしても観たい人は、受付でビデオ物販があったので購入して自宅でゆっくり観ることをおススメします。

映画以外にも舞台演劇やストリップショーも時々行っているそうなので、横浜へ行く際はぜひ一度、「光音座」に寄ってみてください