当サイトはゲイのための情報サイトです。

ゲイのデートおすすめスタイル6選!

ゲイの私はこれまで4人ほどの男性と付き合ってきましたが、付き合いの中で悩むことが多いのがデートですね。

私はゲイを隠すつもりはなく、周囲に何を言われても自分の気持ちを変えるつもりはありません。

ただ、周囲の人から白い目で見られると少しは気になってしまいますし、それが理由でフラれてしまったこともあるくらいです。

悩めるゲイのデート事情…そこで、今回はゲイの男性に向けたおすすめのデートスタイルを私の経験からお伝えします。

1. ネットカフェデート

ネットカフェは密室で2人きりになれる上、宿泊だって可能です。

また、男2人で入店しても一見デートに思われないため、周囲の目が気になる男性には特におすすめではないでしょうか。

と言うのも、ネットゲームを目的にネットカフェに行く男性も多いため、一緒の部屋に入室しても誰もがゲーム目的だと思うのです。

注意点としては2人用の個室があるお店を選ぶことで、以前私もそれで失敗したため、事前にお店の情報収集をするようにしています。

2. カラオケデート

やはりネットカフェ同様、密室で2人きりになれる点と一見デートに思われない点が理由です。

カラオケは男女のデートでも一般的に使われますから、ゲイも同じで充分楽しいデートができるでしょう。

ただ、カメラがついているためいくら密室でもハグやキスなどの行為は控えるべきですね。

室内の会話が外に洩れる心配がないですから、甘い会話も堂々とできますし、お喋り中心のデートをしたい場合におすすめです。

3. スポーツデート

これは好みの問題があるでしょうが、私は彼氏とよくスポーツデートに出掛けます。

学生時代にバスケ部だったこともあってスポーツには多少自信がありますし、何より私はさわやかスポーツマン系の男性が好みです。

ですから、付き合う彼氏も必然的にスポーツマンが多く、テニスやジムでデートすることがありますよ。

公衆の面前ですからイチャイチャはできないものの、「スポーツで汗を流す」という男性が最も輝く瞬間を堪能できるため、ある意味密室以上に気持ちはドキドキします。

4. LGBTカフェデート

LGBTとは、レズビアンやゲイなどの同性愛者を示す総称で、つまり私を示す言葉でもあります。

そして、各地では同性愛者専用のカフェが数多く存在しており、そこでなら周囲の目を気にせず堂々とイチャイチャできるでしょう。

何しろ、LGBTカフェの客は全員が私と同じ考えの仲間なのです。

「LGBT カフェ 〇〇(地域)」でネット検索すれば、あなたが行ける範囲のLGBTカフェも見つかるはず…オシャレなカフェデートを堂々と楽しめる唯一の場所ですよ。

5. お家デート

独り暮らしをしている私は、もっぱらお家デートを満喫してそのたびにエッチしています。

本当は男女のカップルみたいにオシャレなホテルでお泊まりデートしたいのですが、男性同士の入室を禁止しているホテルが意外と多いんですよね。

「デート=外出」のイメージがあるせいか、なかなか彼氏をお家デートに誘えない男性が多いと思いますが、男女のカップルだってお家デートをしていますし、ここは倣ってゲイもお家デートを楽しみましょう。

6. スポーツ観戦デート

イチャイチャよりも楽しむデートが目的なら、スポーツ観戦のデートがおすすめです。

これは彼氏には内緒ですが、筋肉が素敵なスポーツ選手を目の前で生で見られる魅力もありますからね。

お酒を飲みながらスポーツ観戦を楽しみ、その後はお家に招待してイチャイチャするのが私の定番。

白熱した試合なら抱き合っても不自然ではなく、堂々とスキンシップができるのもスポーツ観戦デートの魅力です。

まとめ

私も初めて彼氏ができた時は、嬉しさだけでなく不安がありました。

その不安とはデートの仕方で、「これから私と彼氏はどこでデートすれば良いのだろう?」という不安です。

でも付き合う中で色々な場所でのデートを経験し、その中でも特におすすめだと思ったのが今回お伝えした場所になります。

周囲の目が気にならないデートの方法や場所は探せば意外と多く見つかるもので、私もまだまだ色々なデートを経験したいと思っています。